石本胃腸肛門クリニック

和歌山市の消化器科・外科・内科・肛門科・放射線科、石本胃腸肛門クリニック

〒640-8329 和歌山県和歌山市田中町3-1
TEL 073-422-6524

※上記QRコードをよみとっていただくと、携帯サイトが閲覧できます。

ホーム»  ブログ記事一覧»  院長から皆様に

院長から皆様に

  • 件 (全件)
  • 1

院長から皆様に

皆様に

当院は胃、食道、大腸等の消化管癌の早期発見に尽力しおりますが、
今般高画質でNBIや拡大観察機構を合わせもったオリンパス製最新上部消化管内ビデオスコープGIF-HQ290並びに下部消化管ビデオスコープCF-HQ290L/Iを導入し微細な癌や炎症の診断にも対応できる体制を整えます。
2015年3月末に導入予定として現在検査室の内装工事もおこなっております。導入開始日など詳しいことは当院にお問い合わせ下さい。

癌は早期癌の時期には症状はほとんどありません。
この時期に発見できれば、ほとんど完治させる事が可能ですが
一旦症状が発現すると進行癌に成長しており、完治率は半分にもなりません。

特に40歳以上の方は特に自覚症状がなくても胃は年に1回大腸は3年に1回、内視鏡検査を受ける事お勧め致します。

NBI(narrow band imaging)とは

          従来                          NBI
 
波長の異なった2種類の光を消化管粘膜照射する事によって血液中のヘモグロビンを強調し粘膜表面の微細構造や粘膜下の毛細血管を描写する技術。微細な食道癌や胃癌の早期発見に威力を発揮する。勿論副作用は全くありません。

    

石本胃腸肛門クリニック 院長 石本 邦夫

2015-03-13 11:00:45

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1